メール配信の仕事ってどんなことをするの?

お客様宛のメール送信の外部委託

ホームページを作成して公開している企業が多くなっている昨今、ホームページにはいろいろな企業情報を掲載したり、読み手とのダイレクトなやり取りも可能な環境になっています。ホームページを利用して商品の予約を扱っている場合にメールアドレス等を記入してもらいます。その際に了解を得た上で新商品が発売された際にメールアドレス宛に新商品紹介の案内メール等を送信してお客様との交流や繋がりを続けます。このメールのやり取りも顧客管理が必要になり、対象となる顧客数が多くなればお客様対応の専門部署を社内に設けたりする必要があります。しかし中小企業ではそれだけの人材を確保する投資をするだけの余裕もない場合が多いです。そのような場合に外部にメール送信を外部委託するケースがあります。

お客様の情報管理が重要

お客様から予約を受けたり、問い合わせを受けた場合の顧客情報は企業にとっては重要な情報です。お客様が興味がある商品はどのカテゴリーなのかのデータを持つことができ、新商品が発売になる際には興味を持っていると判断されるお客様に新商品の案内メールを送信します。また当社の商品に興味がある人に対して、イベントをおこなう際には案内や招待メールを送信します。これらを個別に対応するには手間もかかり非効率的です。お客様の情報を例えば年齢層だったり、家族構成だったりとカテゴリー別に分けて、該当するカテゴリーのお客様に対して効果的にメールの一括送信をする仕組みを持っているとよりリアルタイムで送信できます。そのためにはお客様のデータの管理は重要であり、中小企業の場合にはメール送信も含めて外部委託することで商品開発に専念できます。